なぜ安いの?ジェネリック医薬品の正体とは?

ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間を過ぎた後に開発される後発薬です。

一番の魅力は、先発薬の半分以下で購入できること。
ではどうして値段に違いが出るのでしょうか?今回はジェネリック医薬品について詳しくご了解します。

安さのワケは後発薬だから
新薬は、効果や安全性を確かめるために臨床試験や成分の研究が行なわれます。だいたい9~17年もの期間が必要です。新薬開発にかかる費用は、200~300億円とも言われています。これだけのお金と時間を費やして新しい薬が完成するのです。

しかしジェネリック医薬品は新薬が発売され、特許が失効された後に開発されます。新薬の研究結果がある状態でのスタートになるため短期間で開発が可能。費用も1億円に抑えられます。先発薬の1/2~.1/3で購入が可能。

たとえばプロペシアを購入する場合1錠270円ほどですが、ジェネリックであるフィンペシアだと1錠あたり約44円で手に入ります。
ジェネリック医薬品が安い理由は、開発にかかる時間や費用を削減できるからなんです。

効果は新薬と同じ
ジェネリック医薬品は、「安いから効果も先発薬より劣るんじゃ…」と勘違いされている方もいるのではないでしょうか。
ジェネリック医薬品と先発薬は、同じ成分を使用しているため効果に違いはありません。

飲みやすいように形状が工夫されている場合もあります。効き目に違いがないならジェネリック医薬品のほうがお得ですよね。

まとめ
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ効果や安全性があり安く購入できます。AGAやEDの治療のように長い期間継続して使用する場合、ジェネリック医薬品なら経済的負担を抑えられます。
安価で悩みが改善できるのでチャレンジしてみましょう。