海外通販なら睡眠薬を購入できます!

寝ている猫

なかなか眠れない、何度も起きるといった症状がある不眠症。ただの寝不足と勘違いしている人も多く、治療を開始するのが遅れてしまう人もいます。
また精神科やメンタルクリニックで受診する必要があり、周囲の目が気になるという人がたくさんいます。
そのうち通院するのが億劫に感じてしまい、不眠症への対処がどんどん遅れていきます。

そんな治りが遅く病院へ行くのもツラく手間がかかると感じている方には、睡眠薬を海外通販で購入するのをオススメします!
通販では処方箋が必要なく、自宅でネットさえつながってさえいれば簡単に注文できます。

睡眠薬を通販で買う人の理由

不眠症は、睡眠障害のひとつで基本的に病院では保険が効きます。では、なぜ通販で睡眠薬を購入している人がいるのでしょうか?
それは日本ではまだ販売されていないジェネリック医薬品が購入できて、周囲の目を気にしなくていいという点があるからなのです。
今まで病院で処方されてきたけれど、「いい加減通院が面倒」と他の入手方法を検討していた方にはピッタリの手法です。

通院プライバシーが守れる!

不眠症を医師に診てもらうためには内科か精神科、メンタルクリニックへと通う必要があります。
内科であれば家族にも「ただの風邪だから」と誤魔化しがききます。しかし精神科やメンタルクリニックとなるとどうでしょうか。
今まで気にならなかった他人や家族の目も、気になり始めますよね。家族も心配に感じてついつい精神科へ通っている理由を聞き出そうとしてくるはずです。

しかし診断書や処方薬が必要ない通販なら、そのような心配を感じる必要もないのです。薬も普通の品物のようにダンボールに入って届けられます。
そのため中身が知られる心配をする必要もありません。

いろいろなジェネリックが試せる

海外通販では、通院プライバシーが守られるだけでなく外国製の睡眠薬ジェネリックを試せるという点もあります。
例えば、日本の病院でもよく処方されているルネスタという睡眠薬。実は外国製のジェネリックがあるということを知っていますか?
ハイプナイトやエスゾピック、ソクナイト、フルナイトといったジェネリックがあります。通販ではロット展開も豊富のため、1mgから販売されていて処方箋なしで購入できるのです。

不眠症は保険が効きます

日本人の国民病とも言われている不眠症では、病院やクリニックで保険が効きます。そのため治療費をあまりかけることなく、治療をスタートできるのです。
また、重度な不眠症を治したいと思って職場に診断書を提出したい方は病院で発行してもらう必要があります。

病院の治療費はいくらほど?

不眠症は保険が効きますが、病院やクリニックによって値段が違います。ここでは、値段の相場を確認していきましょう。

<病院やクリニックで受診した場合の相場>
・初診は約2,500~3,500円
・再診は約1,500~2,000円

<別途料金>
・採血
・処方薬
・診断書(休養証明は2,000円ほど)

別途料金とは医師や患者が必要とした場合のみになります。
重度の不眠症の方には、睡眠薬が処方されるケースがあるため受診代以上の出費はかかります。

診断書が欲しい人は病院しかない!

不眠症を根本的に治したいと検討している方は、病院へ行き診断書をもらうとういう方法もあります。
仕事が忙しすぎて眠れない日々が続き、不眠症になったという人はたくさんいます。また「眠れないというだけで休めない」と思っている人もいるはず。
しかし病院の診断書さえあれば、休養が取れるケースもあります。不眠症に対処するためには、生活スタイルを変化させる必要があり、長い時間を要します。
どうしてもキツイと感じる人は、医師に相談して診断書を作成してもらいましょう。